Kindle Paperwhite

僕らくらいの世代だと
本や音楽をデータで買う
というのになにか違和感があって
僕はいまだに
音楽はCD、小説は紙の書籍じゃないと
なにか落ち着かない気がします。

音楽はそろそろそうでもないけれど
本はやっばり紙がいいな、と。
もともと長めの小説が好きで
本のずっしり持ち重りがするところとか
直観的にどこまで進んだかわかるところとか
それはやっぱり紙の本だなと思ってて
電子書籍に手を出す気はありませんでした。

しかし最近、本を読むのが億劫になってきてて。
原因は視力の低下です。
低下、というか
もともとあった乱視と近視に老眼が混ざり
焦点が合う範囲がとても狭くなっています。

本を読むときには老眼鏡は必須。
しかし老眼鏡をかけると焦点は手元のみで
例えばテレビを見ながら本を読む、
みたいなことができなくなってしまいます。
いちいちかけたりはずしたりがとても面倒。
しかも老眼鏡を使うと目が疲れる気もして。

集中力の低下とあわせて
最近はめっきり本を読む量が減ってしまいました。


そんな中
Amazonのセールでキンドルが安くなってて
Paperwhiteの32GBモデルが1万円ちょい。
思わずポチってしまいました。
今の正規価格が約18,000円なのでかなり安い。
レビューの評判も良いみたいだし
本を検索したら読みたい新刊も出ているし。

今までは
形のないモノと形のあるモノで
同じ値段って何か納得いかないと思ってましたが
よく見るとやはりデータ版のほうが少し安いし
ものによってポイントがついたりします。
ブックオフでも新刊は定価より少し安いだけなので
だったらこっちでも同じかな…と。

さっそく届きました。

外箱、意外と小さい。
IMG_6861_R.jpg


あけてみます。
IMG_6864_R.jpg


さっそく電源オン。
IMG_6865_R.jpg


設定はきわめて簡単。
電源入れて、wi-fiを認識したらPWを入れて。
ほぼそれだけです。
どういう仕組みかわかりませんが
Amazonで購入した時点で
ユーザーが僕であることが設定されていて
サイトで本を買うとそのまま端末に転送されます。
いちいちPCに保存して転送して…
みたいなことはいっさい不要なのでラクチン。


これ、意外と使えるかも。


<広告>




ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

コメントの投稿

非公開コメント

ad
プロフィール

Rum Tum

Author:Rum Tum
東京都港区にひとり暮らし

ad
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク