看板のないイタリアン

前に
看板のないお店の記事を書きましたが
同じビルの中にあるイタリアン。

ビルの看板にも
エレベーターにも
フロアにも店名が出ていません。

無機質なエレベーターホールの
なにも書いていない白いドアが入口。
中は黒基調のシンプルな造りで
カウンターと小さな個室がいくつか。
先月行ったお店と内装も似ています。

系列ですか?と聞いたら
オーナー同士が知り合いなだけで
系列店ということではないそうです。

メニュー構成も似ていて
お任せのコースメニューのみ。
小さなポーションで15皿も出てきます。

ピクルス
かぼちゃのスープ
戻り鰹のカルパッチョ
小ヤリイカと隠元、カラスミ
秋刀魚のミルフィーユ
001_20160925190836e37.jpg

キノコのバリエーション
青森産鴨のソーセージ
米茄子のラザニア
ツブ貝の冷製パスタ
002_201609251908382b3.jpg

赤海老のトルテリーニ
太刀魚の炭火焼
子羊と野菜のトマト煮込み
蝦夷鹿の炭火焼
003_20160925190838ffd.jpg

懐石料理の八寸のような感じ。
いろいろと食べることができるので
個人的にはこういうの、好きです。

〆はパスタです。
数種類から選ぶことができます。
この店の名物はトリュフのパスタ。
このパスタだけは追加料金が必要で
メニューには『時価』と書いてあります。
お値段聞いたら3,500円!
しかも1人だけ、はダメなので
2人分でプラス7,000円になります(驚)

高い!とビビりながらも注文。

まずはパスタだけが運ばれてきて
その後でシェフがトリュフとともに登場。
その場でパスタの上に削っていきます。

IMG_6364_R.jpg

完成!

IMG_6365_R.jpg

すごいです。
トリュフに隠れてパスタが見えない。
赤字です、と言ってましたが
それも納得。
こんな量のトリュフは見たことがない。
美味しい、というよりは
トリュフの香りに圧倒される感じです。

満足でした。

お値段は〆て約30,000円。
飲み物2杯づつ頼んで、なので
こんなものでしょうか。
オススメです。


<広告>




ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ad
プロフィール

Rum Tum

Author:Rum Tum
東京都港区にひとり暮らし

ad
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク