時が経てば

この部屋に住み始めて4年。
たった4年だけれど
なにしろ東京の真ん中にある街。
環境はいろいろと変ります。
店舗が多い地域ではありませんが
それでも住み始めた当初から
いくつものお店が無くなったり現われたり。

そして住環境も変ります。
以前のような田舎のマンションではないし
そもそも低層階の部屋なので
眺望に過度な期待はしていませんでした。
それでも住み始めた時は
リビング側の窓からの眺望には問題なく
視線が気になる環境ではなかったのだけど。

つい最近、周辺の環境が変りました。
以前よりも近い位置に建物が建ちました。
目と鼻の先、ではないにしても
気にならないか?と問われれば気になります。

そこで。
色々と手段を考えてみました。
リビング側のベランダに植物を増やす。
→どうせまた枯らしてしまうので(笑)却下。
ガラスにステンドガラス風のシールを貼る。
→ガラスに跡が残ってしまうのでやりたくない。

最終的には
やりたくないんだけど、カーテンを吊るす、
という案を試してみよう…ということで。

大袈裟なカーテンではなくカフェカーテン。
ざっくりした薄手の麻の布をぶら下げるだけ、
みたいなラフな感じをイメージしました。

リネンはこちらの商品
フレンチリネンestストライプ、というものです。
布自体はほぼ自分のイメージ通り。
サイズオーダーや縫製の仕上げ選択も可能。
お値段もそれほど高くありません。

実際に届いたものを吊るしてみたところ。

DSC06948_R.jpg

光の透過については期待通り。
吊るしても部屋が暗くなることはありません。

一方で大きさについては失敗したな、と。
もともとアイアンのポールを1本持っていて
それを活用しようと思ってやってみたのだけど
やはりブラインドの横幅と合わせるべきでした。

コストが重複してしまって勿体ないですが
もう少し長いポールを手に入れて
それに合わせて作り直そうかな…と思っています。

DSC06949_R.jpg

↑こんな感じで視線は遮れそうです。



ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

コメントの投稿

非公開コメント

ad
プロフィール

Rum Tum

Author:Rum Tum
東京都港区にひとり暮らし

ad
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク