東府やResort&Spa その2

東府やレポ、2回目です。

お風呂編。

東府やさんのお風呂は…

内湯が2箇所(入れ替えなし)
露天が2箇所(入れ替えあり)
貸切が2箇所

今回は露天なしの部屋でしたが
これだけ館内にあれば十分。


ただし
お風呂は敷地内の3箇所に分散。
露天風呂は内湯とは別の場所。
等々利便性は良くないです。
場所によっては外を歩くため
寒い時期には少し面倒かな。


まず内湯です。
こちらは男女入れ替えなし。

大きくもなし、小さくもなし。
IMG_3340_R.jpg

湯温は適温。
掛け流しではなく循環?

柔らかいお湯で
長時間入っても湯あたりせず。
結構好きなお湯でした。


脱衣所。
こちらもほどほどの広さ。
IMG_3336_R.jpg

脱衣所には
冷たいお水が置いてあります。
このあたりの気配りは〇

そして
画像で分かる通り
とにかく人がいませんでした。
お部屋はほぼ満室だったのに…。
貸切状態。



そして貸切風呂。
2箇所あるうちの1つ。
もう一つは大雪で壊れてしまい
ただいま修理中…とのことでした。

入口。
IMG_3326_R.jpg

右が露天風呂。
左が貸切風呂。

予約制(無料)で
チェックイン時に一度予約可。
その後
空いていれば再度予約できます。

浴槽は石造り。
IMG_3318_R.jpg

2人なら全然余裕。
3人くらいは入れそう。

湯温は内湯よりややぬるめ。
40度くらいかな?

眺望は今ひとつ。
ご覧の通り簾がかかっており
正確には半露天風呂ですね。


脱衣所にはタオルがたっぷり。
IMG_3324_R.jpg

部屋と違ってアメニティも。
IMG_3322_R.jpg

こちらにも
冷たいお水が置いてありました。



内湯も貸切も2回づつ。
2日で計4回も入りました。
お風呂にはとても満足。

ただし
画像でお分かりの通り
あまり眺望は良くないです。

このお宿は
敷地はとても広いのですが
敷地内を蛇行する川に沿って
各施設が建てられており
どの建物からも
別の建物が視界に入ります。

お風呂も例外ではなくって
残念ながら開放感はなし。

この点においては
あせび野や箱根吟遊に
軍配が上がる気がします。

あせび野は川沿いに建ってて
対岸の土地も所有しているため
開放的で野趣あふれる風情。
吟遊は斜面に建っていて
向かいの山まで距離があるので
こちらもまた抜群の眺望。


やはり
ロケーションというのは
大事なぁ…と実感しました。
とは言え東府やさんも
他の旅館や建物からは
うまく視線を遮っていて
独立した感を出しているので
そのあたりは不満なしです。


次回は敷地内の施設です。

<広告>



ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

コメントの投稿

非公開コメント

ad
プロフィール

Rum Tum

Author:Rum Tum
東京都港区にひとり暮らし

ad
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク