PIERIA 超音波式加湿器

最近冬になるとやたら弱る。
特に扁桃腺や気管支などが弱くて
さすがになんとかしなきゃということで
加湿器を購入。

なるべくモノを増やさないというのが
最近のテーマだったりするので
買うまで少し悩みましたが。




意外と大きい。

DSC07038_R.jpg

デザイン的には気に入ってます。

DSC07039_R.jpg


加湿量と部屋の広さを比較すると
少しスペックが足りないのだけれども
これ以上大きいものにすると
夏の間の保管場所に困るというのもあり
この大きさに落ち着きました。

超音波式なので音が静かなのが良いです。
どこに置くのがベストなのか考え中。



<広告>



ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

Kindleの使い勝手

購入してから1週間ほど経ちました。
きわめて便利です。

IMG_6867_R.jpg

画面は液晶ではなく
電子ペーパーというものです。
仕組みはよくわかっていませんがww
液晶に比べると光り過ぎない感じで
目が疲れにくいです。

ただし液晶に劣るのは反応速度。
表示の速度はそれほど早くありません。
ページめくりはストレスがない程度ですが
いろんな機能を使おうとすると遅い…。
スマホのスピードに慣れている人には
かなりストレスがあります。
フォルダを作ったりする機能も直感的ではなく
2世代くらい古い機械を触っているイメージ。

重宝しているのは
フォントの大きさを調整できること。
老眼鏡をかけずに読めるところまで
少し字を大きめにして表示しています。
もちろんあまり大きくし過ぎると
表示できる字数が減ってしまいますが。

明朝とゴシックが選べたり
縦書き横書きが選べたりするので
自分にとって読みやすい設定にしておけば
かなりストレスが少ない状態で読書ができます。

あとは片手で操作できるのが便利。
紙の本だと左手で持って右手でめくる、ですが
これは左手で持ったまま左の親指でめくれます。
電車の中とか、寝っ転がった状態とか
片手で事足りるのはすごくよい。

そんなこんなで読書量は増えました。
既に4冊も購入してて
逆に本代を使いすぎるのが心配かも(笑)


今はカバーを買うかどうかを悩み中。




<広告>




ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

Kindle Paperwhite

僕らくらいの世代だと
本や音楽をデータで買う
というのになにか違和感があって
僕はいまだに
音楽はCD、小説は紙の書籍じゃないと
なにか落ち着かない気がします。

音楽はそろそろそうでもないけれど
本はやっばり紙がいいな、と。
もともと長めの小説が好きで
本のずっしり持ち重りがするところとか
直観的にどこまで進んだかわかるところとか
それはやっぱり紙の本だなと思ってて
電子書籍に手を出す気はありませんでした。

しかし最近、本を読むのが億劫になってきてて。
原因は視力の低下です。
低下、というか
もともとあった乱視と近視に老眼が混ざり
焦点が合う範囲がとても狭くなっています。

本を読むときには老眼鏡は必須。
しかし老眼鏡をかけると焦点は手元のみで
例えばテレビを見ながら本を読む、
みたいなことができなくなってしまいます。
いちいちかけたりはずしたりがとても面倒。
しかも老眼鏡を使うと目が疲れる気もして。

集中力の低下とあわせて
最近はめっきり本を読む量が減ってしまいました。


そんな中
Amazonのセールでキンドルが安くなってて
Paperwhiteの32GBモデルが1万円ちょい。
思わずポチってしまいました。
今の正規価格が約18,000円なのでかなり安い。
レビューの評判も良いみたいだし
本を検索したら読みたい新刊も出ているし。

今までは
形のないモノと形のあるモノで
同じ値段って何か納得いかないと思ってましたが
よく見るとやはりデータ版のほうが少し安いし
ものによってポイントがついたりします。
ブックオフでも新刊は定価より少し安いだけなので
だったらこっちでも同じかな…と。

さっそく届きました。

外箱、意外と小さい。
IMG_6861_R.jpg


あけてみます。
IMG_6864_R.jpg


さっそく電源オン。
IMG_6865_R.jpg


設定はきわめて簡単。
電源入れて、wi-fiを認識したらPWを入れて。
ほぼそれだけです。
どういう仕組みかわかりませんが
Amazonで購入した時点で
ユーザーが僕であることが設定されていて
サイトで本を買うとそのまま端末に転送されます。
いちいちPCに保存して転送して…
みたいなことはいっさい不要なのでラクチン。


これ、意外と使えるかも。


<広告>




ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

パソコン、買いました

長々と書いた割には
その結果をお知らせする前に
先週末に既にモノは到着してました。

結局、買ったのは
最後に候補になってたやつ。
HPのPaviion15-au100 にしました。

税込み・送料込みで約62,000円。
値段の割にスペックが良いのと
見た目がそこそこ高級っぽいのが決め手。

IMG_6857_R.jpg

色は白。
モニタのベゼルが黒いのが惜しい。


あとキーボードが光ったり。

IMG_6858_R.jpg


ヒンジがおしゃれだったり。

IMG_6860_R.jpg


VAIOに比べると軽い。
持って出るわけではないけれど
ソファとかベッドで使うには
やはり軽いほうが良い。

処理速度は当り前だけど早い。
古いVAIO比ですが(笑)
ブラウザの表示はストレスがない程度。
動画のストリーミングも途切れない。
これでようやくHuluが使えます。
ダウンロードも圧倒的に早い。
もろもろストレスは軽減されました。

音声をBlue toothで飛ばせるので
画面はケーブルでテレビに表示し
音声はシアターシステムに飛ばして
快適に動画が見れるのがうれしいです。

あと、静かで冷たい(笑)
VAIOの末期はHDとファンがうるさいし
火傷しそうな熱さになってたりで
パソコンってこんな静かなものなんだ…と
あらためて実感しました。

WINDOWS10が使い慣れないので
しばらくは違和感がありそう。
あとキーボードも若干打ちにくい感じ。
これは慣れかもしれないけど。

唯一不満なのがモニタ。
全体に色が寒色系が強い。
少し青白く見える気がします。
特に人物が不健康に見える(笑)
そして視野角が狭い。
モニタはVAIOのほうがよかったな。
これはなかなか慣れない気がしていて残念。


それにしても
VAIOは10万円台前半だったと思うので
金額的にはほぼ半額くらいのお値段。
それでこのスペックと外観であれば
やはりずいぶん安いなーと思います。
次に買うときは(5年後)には
どんなことになっているんだろう?



<広告>




ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

パソコンを買わないと…③

と言うことで
いろいろと検索してみた結果。

036_20161209003020ec9.jpg

丸数字が『目移り』した順番。

①4万円で買えるんだ―(驚)
②あ、でも3,000円足すとCPUが↑…

しかし検索してみると
あえてAMDのCPUを選ぶ理由はない
みたいなことが書いてあったりします。

やっぱりそこはインテルなのか、と思い
Celeronなら同じくらいの値段だ…→③。

しかしどうせインテルなら
Coreのがいいんじゃね?と思い
でもi3で55,000円かーと思ったのが④。

ところがほぼ同じモデルで
価格コム限定だと約4万じゃん!→⑤
一瞬これで決まりかかったのですが…。

しかしレノボの⑥であれば
CPUの世代も新しいしモニタもフルHD。
既にここで55,000円まで上がってますw

同じ値段でCPUがCore i7もありか→⑦
ただしフルHDではなくなるけど。

ここでCore i7に絞って再度検索。
すると価格コムモデルで
ほぼ全部入り的なのを発見してしまいます。
CPUは最新世代のCore i7
メモリは8GB
HDは1TB!
モニタはフルHD
そしてデザインも結構頑張ってる。

しかしお値段は約60,000円。
既にスタートから1.5倍になりました(笑)
買い物あるあるですね。
○円足すと…みたいなことを繰り返して
結局かけ離れた値段になる的な。

しかもコレは送料別なので+3,000円。
あと受注生産っぽいので
実際はいつくるのか分からない。
頭を冷やして原点に戻るべきか…。


続く


<広告>




ランキング参加中です。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

ad
プロフィール

Rum Tum

Author:Rum Tum
東京都港区にひとり暮らし

ad
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク